やすらぎ福祉道 〓 徳育(心)編 〓


この書は、「やすらぎ」で働く職員の心の指針です。現場における利用者との関係において、職場における人間関係において、辛いこと、悲しいこと、疑問に思うことに接したときに、まず戻るべき所として書き上げました。
あなたは、福祉のプロです。今、目の前の方に、生きる夢と勇気と希望を与えられるのは、あなたしかいないのです。自分を信じ、目先の事柄に惑わされることなく、自信をもって歩んでください。

社会福祉法人 章佑会
理事長 馬場康雄

やすらぎ福祉道 徳育(心)編

やすらぎマインドを熟成する「やすらぎ福祉道」

  • 基本的心得
    • 其の一 さりげない思いやり(Casual Consideration)
    • 其の二 笑顔をつくる
    • 其の三 あいさつをする
    • 其の四 感謝の気持ちを忘れない
    • 其の五 相手の気持ちになる
    • 其の六 自分の感情をコントロールする
    • 其の七 嘘(うそ)をつかない
  • 人を動かすときの心得
    • 其の八 相手を変えるには自分が変わる
    • 其の九 敬意をはらう
    • 其の十 やる気をおこさせる
  • リーダーの心得
    • 其の十一 危機から逃げない
    • 其の十二 部下を守る
    • 其の十三 言行を一致させる
    • 其の十四 仕事に熱意を持つ
    • 其の十五 責任感を持つ
    • 其の十六 決断をする
    • 其の十七 部下を信頼する
    • 其の十八 率先垂範する
    • 其の十九 情緒を安定させる
    • 其の二十 公平な評価をする
  • 逆境時の心得 
    • 其の二十一 苦から逃げない。苦をみつめる。苦に立ち向かう
    • 其の二十二 道理を知る
    • 其の二十三 「やさしさは必ず返して貰える」事を知る
    • 其の二十四 執着(しゅうちゃく)を捨てる
    • 其の二十五 逆境が成長させてくれる
    • 其の二十六 何事も前向きに
    • 其の二十七 どこからもなく現れるホワイトナイト
    • 其の二十八 逆境時のホウレンソウ(報告、連絡、相談)
  • 修練の心得
    • 其の二十九 継続する
    • 其の三十  反省・工夫の繰り返し
    • 其の三十一 施(ほどこ)しの進め
    • 其の三十二 絜矩(けっく)の道

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ
×
MENU